薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ

2016年02月11日

薬剤師 資格 合格率

合格率は60%〜80%でしょうか!

薬剤師の国家試験の合格率は、
厚生労働省が発表した平成25年度の試験合格率を見てみると、

受験者が12,019人に対して、合格者は7,312人。

合格率は60.8%となっています。

一年前に行われた平成24年の試験では合格率は79.1%でした。

合格率は高く見えますが、これは大学側が受験者を絞っているということも理由の一つです。
大学で実施される試験に合格しないと、国家試験を受験できないということからのようです。


また、大学によっても違うようです。
平成24年の試験での合格率の良い大学を見てみると、

国立大学では岡山大学の95.35%です。
私立大学では、名城大学の97.10%です。

大学によって薬剤師国家試験の対策にどれぐらい力を入れているかが違うということが考えられます。


薬剤師養成課程が4年制から6年制に変わったときには、
平成21年、平成22年度の合格者数が減少していましたが、
6年制最初の試験である平成23年度試験以降、受験者数は元にもどってきています。

平成24年は11,288人、
平成25年は12,019人、
平成26年は14,316人です。


これまでの合格率の推移は、
4年制時の合格率は75%前後で、新卒の合格率は約85%、既卒の合格率は約50%となりました。
平成21年、平成22年度はほとんどが既卒者の受験となったための全体の合格率が下がりました。

しかし、6年制最初の試験である平成23年度では、合格率は88.3%と大きく上昇です。
は既卒者の受験者数が少なかったことが考えられます。
平成24年度以降は合格率が低下し、平成26年63.2%となっています。



【薬剤師 資格 合格率の最新記事】
posted by やくちゃん at 00:50| Comment(0) | 薬剤師 資格 合格率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

薬剤師 資格